Sponsored Link

【朗報】太る体質の秘密が明らかに!楽痩せとアレルギー改善効果も

肥満の要因として新たな研究結果が発表されましたね。

産経新聞や「サイエンス」でもクローズアップされているので、
信ぴょう性があります。

これまで、同じものを食べていても太ってしまう、
努力しているのに痩せられない、など
体質という言葉で片付けられていた疑問が氷解したので
少し掘り下げてみました。

 

Sponsored Link

 

肥満要因の2大要因と第3の要因とは?

 

これまで肥満の2大要因として

  • 食べ過ぎ(カロリー過多)
  • 運動不足

が挙げられてきましたが、

これに加え、肥満を引き起こす新たな要因として

  • 腸内細菌のバランス

という研究結果が発表されました。

参考 → 肥満研究の最も大きな注目分野の一つ

 

これにより、

  • 太りやすい体質
  • 太りにくい体質
  • 痩せにくい体質
  • 同じやり方をしているのに痩せられない
  • 同じカロリー摂取量なのに太ってしまう
  • 運動していないのに痩せている

等といった、遺伝や体質という

曖昧な言葉で逃げてきた疑問が解決された気がします。

 

そもそも、同じ様な食生活をしているのに太っている人、痩せている人

頑張っているのに中々痩せられない人がいることが不思議でした。

 

「痩せの大食い」って羨ましいし、ズルいとすら思っていましたが

単なる体質ではなく、その体質となる要因がわかったのです。

 

腸内細菌のバランスの違いが太る要因

 

新たに判った3つ目の要因とは

「ヒトの腸内に存在する細菌バランスの違い」という研究結果です。

 

結果が導き出された実験とは

太っている人・痩せている人の便を無菌マウスの腸内に移植した所、

太っている人の便を移植したマウスは同じ餌を与えているのに太ってしまったそうです。

これにより、腸内に含まれる細菌が太る要因・肥満の原因に繋がる事が証明されました。

 

腸内には千種類の細菌がいるらしいが…

ヒトの腸内には千種類もの細菌が存在するらしいです。

重さにすると何と1キロ以上も!

 

これらの細菌が食物の分解や栄養摂取を行い、

体内環境にも大きな影響を与えています。

有名なところでは、善玉菌としては乳酸菌、

悪玉菌ではウェルシュ菌などが有名ですね。

ウェルシュ菌はおならや便の臭いニオイの原因であったり、

発がん性物質を含む、身体への毒素を作ってしまう細菌です。

 

これらの細菌はヒトの腸内では当たり前のように存在・共生しています。

これらのバランスが良いと健康と言えるのですが、

バランスが悪い方に崩れてしまうと、

  • 太ってしまったり
  • 体調を崩してしまったり
  • アレルギーになったり
  • 病気になったり
  • 痩せていたのに突然太ってしまう

という症状が現れます。

 

そして今回、

この「腸内細菌のバランスの違いが太る要因」である事がわかったのです。

 

ヤクルト・酵素ダイエットで痩せる理由と痩せられない人の原因

 

ヤクルトを毎日飲んだだけでダイエットに成功した人もいますよね。

酵素ダイエットは今でも効果のあるダイエットとして人気があります。

特に、酵素ダイエットは

単にプチ断食での不足栄養素を補うだけだと思っていましたが、

ちょっと違いましたね。

 

しかし、毎日ヤクルトを飲んでも…

酵素ダイエットにチャレンジしても痩せられない人も確実にいます。

これって何故でしょうか?

 

これらは 腸内細菌のバランスが改善していないからです。

 

細菌バランスが良いと太らない・悪いと太ったまま

 

バランスが悪いままだと、いくらダイエットを頑張っても

カロリーを抑えても、太りやすい・痩せにくい体質のままだそうです。

 

生まれてきた時には、みな同じ条件ですが

食生活や生活環境により腸内の細菌バランスが崩れます。

まさに、何十年もかけてバランスの崩れた腸内環境が形成されたのですから、

それを改善させるには時間がかかる人も多いはずです。

それこそ、毎日ヤクルトを飲んだだけでは、

燃え盛る炎にバケツで水をかけ消火しようとしているのと一緒で

あんまり意味がないと言えます。

 

一度、徹底的にバランス改善対策を行うか

もしくは、継続的に時間をかけて改善していく他はありません。

 

腸内の悪玉菌が多いバランスの崩れが元凶であるので、

悪玉菌が活躍できない環境を創ることが一番だと言えますね。

 

悪玉菌は有機酸に弱い

 

悪玉菌は有機酸の多い環境では生息しにくいという特徴があり、

乳酸や酪酸という有機酸を腸内で作り出す細菌は

乳酸菌です。

 

乳酸菌にも色々な種類があるのですが、

代表的なのは皆さん聞いたことがあるビフィズス菌などですね。

 

腸内細菌の中でもビフィズス菌はマイナーな方みたいですが、

生きた乳酸菌が腸内で活躍している環境であるならば、

健康で太っていない身体になります。

 

じゃあ、毎日ヨーグルトを食べれば太らない?痩せられる?

 

率直に言うと、

それで腸内細菌のバランスが良好になれば

太りませんし、痩せられます。

 

しかし、毎日ヨーグルトを食べただけでは

バランス改善が追いつかないの腸内状況である人には

その効果は望めません。

もちろん食生活を改め、ヨーグルトを食べる生活を続けていれば

長期的には良好になり痩せるでしょうが、

数ヶ月で◯◯キロ痩せた!みたいな効果は期待できません。

 

見に見えるダイエット効果を早く出したいのであるなら、

酵素であれ、サプリであれ、ヨーグルトであれ、

集中的に腸内の乳酸菌が活躍する環境を創る努力をするのが最善ですね。

 

腸内細菌のバランス改善…これがダイエットの秘訣だと言えます。

 

でも、数日で改善できるというものでは無いことは

しっかりと認識しておく必要があります。

 

色々調べましたが、

腸にまで届く生きた乳酸菌を効率よく沢山摂るには、

ビフィーナSスーパーというサプリがいいですね。

腸内細菌バランスの改善が最短でできそうです。

 

定期購入の初回のみ数百円安い所もありましたが、

2ヶ月目以降、結果的には割高になってしまうので

数ヶ月続ける前提を理解している方なら、

最安値で続けられる所も以下に紹介しておきますね。

 

ビフィーナSスーパー


 

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ